三井住友銀行カードローンは最初いくら借りられる

syokai

三井住友銀行カードローンで借りようかな?

そんな考えが頭に浮かんでいる方が最初に思うのが、三井住友銀行のカードローンは最初いくらまで貸してもらえるのかな~ということだと思います。

実は!どれくらいまで貸すのか?というのは三井住友銀行以外の金融機関でもブラックボックスとしており、ハッキリいくら貸しますとは明言されていません。

ただ、以前消費者金融の審査部門に勤務していた方の話から考えてみると、三井住友銀行のカードローンで初回の融資額限度がうっすら見えてくるので、これから三井住友銀行に申し込もうとしている方は参考にしてください。

こんな内容です。↓↓↓(※下記内容は三井住友銀行出自ではありません)

元消費者金融審査部門の勤務者談

4436324

まず、頭に置いておいていただきたいのが三井住友銀行カードローンが今生で初めてのカードローン申込みなのか?ということです。

他の金融機関ですでに借り入れている場合には、借入額にもよりますが、100万円借りられるところ50万円しか借りられないという場合が多々あります。

また現在(2016年)では、金融の個人情報がよほど汚れていない場合を除いて、銀行や消費者金融が最初に貸し出す金額はビッグデータからパターン化されています。(※パターンは200項目以上あると言われている)パターンに合致しなければ借りられません。

そしてその各パターンにはまった限度額が最初に貸し出されるカードローンの融資額となるのです。

もっと簡単に言うと、カードローンを申し込んだ”あなた”ではなく、あなたと同じような条件の人への膨大な貸付データを見て、融資判断をしているということ。

さらに、三井住友銀行でカードローンの審査はしません。審査は三井住友銀行カードローンの保証会社が行うので、どんなに三井住友銀行に良い顔を見せようとしても無駄なのです。

pc-date

カードローン最初の貸出額は各パターンから選ばれる

pixta_6709510_s

今では個人一人ひとりの情報を詳細に調べるのではなく、

・カードローンが初めて

・年収

・過去の未払いや延滞など

・1社・2社・・他社借入(残額も)

・既婚、未婚、子供など扶養家族の有無

・持ち家、借家

・クレジットカードの使用歴

・住宅ローン、マイカーローンの額

いろいろありますが、これら基本情報を入力することで瞬時に「融資可能か不可か?いくらが限度額か?」がピピッとコンピュータ表示されるようになっています。

パターンAなら300万円
パターンBなら200万円

パターンCなら75万円

パターンDなら30万円

パターンEは融資不可

という感じにです。そうでもしなければ、最短30分審査などということは絶対にできないんです。

要は、本当は100万円貸せる人なんだけれど、パターン化に当てはめると70万円までが限度なんてことになることもあるということですね。

ねちねちと「70万円って答申が出たけど、この人100万円貸せるよね!?貸そうか、どうしようか?」なんてやってはいないということです。

最後に、三井住友銀行カードローンは初回いくらまで貸してもらえるのかを予想してもらいました。

※あくまでも予想で、実際に三井住友銀行カードローンの初回融資額ではありませんのでご留意ください。

三井住友銀行カードローンはいくらまで貸してくれるか予想

そうですね~まったくはじめて三井住友カードローンに申し込みする人を対象とした場合、300万円の年収の人で50万円~100万円の間だと思います。

まず、銀行には総量規制がありません。総量規制とは年収の3分の1までしか貸してはいけませんよという金融法で、消費者金融には適用されます。

ならば銀行は200万円でも300万円でも貸した方が儲かるじゃないかと思われるかもしれませんが、そこは銀行!貸し倒れを防ぐために次のように貸し出し額を決めています。

それは、年収300万円の人の生活費やローン(住宅・マイカー・教育ローンなど)、その他、銀行のプログラム内にある項目を年収から差し引き、残った金額の45%~55%くらいを初回貸し出し額としています。

そうすると、年収300万円の人が生活費やローンが200万円パターンはまった場合、残りは100万円なのでその45%~55%!50万円前後ということになります。

もちろん他のローンがなかったりすると限度額がUPしていく仕組みです。

ただし、先にもお伝えしましたように、この部分は各金融機関でブラックボックスとしています。今回お話しましたことは私の経験談で、各金融機関では違った指標があると思いますのであくまで参考としてください。

 

pixta_15592811_s

コメントを残す